最近、無茶食いしたり、無理矢理はき出したりしている




■たとえば・・・


・おなかいっぱい食べないと気がすまないときがある
・太りたくないから、食べたものはわざとはき出す
・家族の目を盗んで夜中にこっそり食べたりする
・生理がこない
・貧血気味で、めまいがする
・人からよく痩せたねと言われる
・今の自分は太りすぎだから、がんばって痩せなくてはならない
・時々身近な人に当たり散らしたり、甘えてしまったりする


■アドバイス


まず、保健室に体重計がありますので、吉原先生と一緒に身長と体重の測定をしてみましょう。
次に、あなたが今よりも体調の良かった時のことを思い出してください。そのときの体重は何キログラムでしたか?
もし、あなたの現在の体重が、健康だった頃の体重よりも15%以上減っているとしたら、あなたには専門的な治療が必要になるかもしれません。

あなたは、ダイエットをしていますか?どんなダイエットですか?
あなたのダイエットに下剤を飲んだり、無理矢理のどに手を入れてはき出すような行為はありませんか?
あるいは名称の不明確な薬やその他の医薬品の不適切な使用が含まれているのでしたら、今すぐダイエットを止めなければなりません。
また、周囲から”痩せている””やせすぎ”と言われているにもかかわらず、あなたは自分が非常に太っていて、自分が醜いと感じているとしたら、あなたはとても危険な状況にあると言えます。
あなたには医学的な治療が必要かもしれません。かかりつけの医院あるいは総合病院の心療内科で、今のあなたの気持ちや状況を話してみてください。あなたのどんなお話でも聞いてくれるでしょう。
もし、それに抵抗があるのでしたら、まず、保健の吉原先生か椿田に相談してください。

というのは、あなたと同じような状況にある人で、取り返しのつかない状況になってしまう場合が少なくないからです。
この際、はっきりとお伝えしておきますが、私たちはあなたの状況を非常に深刻に受け止めているのです。
今すぐ、あなたは自分の身体のことを誰かに相談してもらいましょう。


■あなたの相談にのってくれる人


・吉原先生(保健)
・椿田(臨床心理)
・あなたの町の保健所(健康相談員・保健婦)
・かかりつけの医師
・総合病院の心療内科、あるいは内科(医師)